犬の夏のエアコンはいつから必要?クーラー冷房の温度は何度が最適?犬の熱中症や夏バテ対策まとめ

ワンコの『ハァハァ』は、もうすぐ夏が始まるよーと教えてくれる合図のようなもの。

お散歩から帰ったあと、愛犬がハァハァと激しく呼吸していたら
「ああ、そろそろ夏なんだな〜」と実感しますよね。

管理人
とはいえ、「暑いね〜」なんて呑気に構えているのはキケン!
夏の暑さ・室温は犬の命にも関わるので注意が必要です。

そこで、犬に最適な夏のエアコン温度や使用時期をはじめ、犬の夏バテ対策をご紹介したいと思います。

ワンコが元気に夏を乗り切るための、暑さ対策・夏バテ対策の参考にしてくださいね^^

犬の夏のエアコンはいつから必要?クーラー冷房の温度は?

犬は寒さには比較的強く、暑さには弱いといわれています。

ですので、夏の暑さは犬にとって注意が必要。
熱中症になったり、命を落としてしまう危険性もあるので、しっかりと対策しておきたいものです。

犬は暑さに弱い?

私たち人間は汗をかくことで体内の温度を調節しています。

ですが、犬は肉球以外に汗腺がないため、汗をかくことができません。
つまり、体内の温度が上がっても私たちのように汗をかいて体温調節することができないのです。

犬が口でハァハァと息をしているのはそのため。

体温より少しでも低い空気を吸い込むことで、体温を下げようと息をしているんですね。
ですが、室温(屋外の温度も)が高いと体内の温度を下げることができません

犬は温度が22度、湿度が60%を超えたら熱中症になるリスクが高くなるといわれています。

管理人
熱中症を避けてあげたいとういうのはもちろんですが、暑さにじっと耐えているかと思うとかわいそうですよね。
ですので、夏の室温には気をつけてあげたいところです。

犬は扇風機をの風で涼しくならない!

扇風機を回している方もいらっしゃるかもしれませんが、風を当てたからといって犬は涼しくなりません

人が風で涼しさを感じるのは、汗によって体の表面が濡れていて、その水分が風によって冷えるせい。
つまり、扇風機で涼しくなるためには汗があ必要なのです。

ですが、犬は汗をかきません。そのため、風を当てても涼しくなりません。
つまり扇風機を当てても意味がないんですね。

室温を下げないと、体や被毛に熱がこもったままなのです。。。

犬の夏にエアコン・クーラー冷房が必要な時期

人が暑いと感じる場合、犬はもっともっと暑いと感じています

犬種によっても、また個体によっても違いがありますが、犬が快適に過ごせるのは室温23度〜25度で湿度50%ぐらいだといわれています。

つまり、犬が快適に過ごすせる温度が23度〜25度ということは、『エアコン(クーラー)を使い始める必要がある時期は25度を上回る室温になる時期』、ということになります。

管理人
本州だと梅雨後半〜梅雨明けぐらいの温度ですよね。
わたしたちがたいして暑いと感じていなくても、犬は暑さに耐えていたりするんですよね。。。

犬の夏のエアコンの理想的な設定温度は?

犬にとって快適な温度は室温23度〜25度。
ですので理想的な設定温度も23度〜25度ということになります。

とはいえ、設定温度23度〜25度では寒いと感じる飼い主さんもいらっしゃると思います。

管理人
私もそのひとり。
設定温度23度〜25度で過ごすのはツラい。。。
ですので、我が家ではちょうど梅雨明け6月末ぐらいから9月いっぱいぐらいまでの間、設定温度28度でつけっぱなしにしています。

理想的とされている温度よりも高い温度ですが、犬の様子を見ながら微調整してあげるといいと思います^^

ベッドやクッションの上で寝ていたら『快適に過ごしている』と推測して28度のままキープ。
床の上で寝ていたら(お腹を床にくっつけていたら)『暑がっている』と推測して設定温度を少し下げるなど、様子をみながら調整してあげるのがおすすめです。

夏にエアコンつけっぱなしにすると電気代料金はいくらになる?

エアコンをつけっぱなしにするとなると、気になるのが電気代。
夏場のエアコンは、3回スイッチを入れる場合よりつけっぱなしのほうが電気代が安くなるといわれています。

ですので、外出時に消したり、夜タイマーを設定したりするより、つけっぱなしのほうが電気代が安く、さらに快適に過ごせる場合があります。

エオリアCS-X227Cの消費電力を例に計算
12時間使用し、その間にスイッチ2回:約72円
つけっぱなし:約72円
*この機種の冷房にかかる電気代は立ち上げて1時間が21.06円、1時間後からの1時間が2.97円です。
*設定温度によって電気代は前後します。

日中だけエアコンをつけ、さらに外出時にエアコンを切るというような使い方をしている場合は、つけっぱなしと電気代が変わりません。

管理人
だったらつけっぱなしのほうが良いかな〜と思ってしまいますよね^^

お留守番中の犬のエアコン使用時の注意点

自宅のエアコンが人感センサーつきの場合は注意が必要!
人感センサーが犬を感知せず、クーラーが省エネモードしまう場合があります。

外出時にエアコンをかけているからといって安心していたら、人感センサーが愛犬を感知せず省エネモードになってしまうなんてことになったら大変。

ですので、外出時は人感センサーをオフにしておくのがおすすめです^^

また犬も私たち同様、暑さもキケンですが温度が低過ぎても体調を崩す可能性があります。
愛犬が普段過ごしている場所にエアコンの風が直撃していたり、室温を下げ過ぎたりしないように注意が必要です。

エアコン以外にも暑さ対策を!

23度〜25度が理想的な犬にとって、人が快適と感じる室温は快適ではありません。
ですので、例えエアコンをつけていても暑さ対策が必要です。

飼い主さんが23度〜25度の室温に耐えられる場合は良いですが、そこまで温度を下げたくないという方も多いのではないでしょうか。

その場合は、ジェルマットやプレート、ひんやりベッドなどの犬用の暑さ対策グッズを、部屋の何ヵ所かに置いてあげるなどで、対策してあげてくださいね^^

管理人
いつも寝ているベッドのそばに保冷剤や水を入れて凍らしたペットボトルを置いてあげるのもおすすめです。
凍らせたペットボトルは溶けるとまわりの水滴で濡れてしまいますので、タオルを巻くなどしておくと◎。

また、シニア犬(7才以上)は特に気遣ってあげたいところ。
夏の暑さには身体への負担も大きいので、快適に過ごせる環境を作ってあげたいものです^^

犬の熱中症はどんな症状?

犬も私たちと同様、暑さにも多少身体が慣れてきますが、湿度が高くなり気温が上がり始めた梅雨〜初夏の時期には特に注意が必要
真夏でなくても熱中症を引き起こす可能性があります。

熱中症の初期症状としては、ハァハァと息が荒くなることがあげられます。
もし、飼い主さんが暑いと感じていなくても、梅雨〜初夏の時期にハァハァとう荒い息をしていたら、暑さ対策をしてあげたいところです。

また大型犬は小型犬に比べて熱中症にかかりやすいといわれています。
シーズー、ペキニーズ、パグ、フレンチ・ブルドッグ、ボストン・テリアなど、鼻の穴や喉が小さい犬種も熱中症にかかりやすいといわれていますので、特に注意が必要です。

熱中症を引き起こしてしまった際の症状は、下記のようなものがあげられます。

下痢する
吐く
ふるえる
発作を起こす
意識を失う

こんな症状がみられたら、熱中症にかかっている可能性がありますでの動物病院を受診しましょう。

重症になると死に至る危険性があります。ですので、できるだけ早い段階で対策を行ったり、疑わしい症状がみられたら動物病院に連れて行ってあげましょう。

夏の犬のお散歩に適した時間帯は?何時から何時までならOK?

夏はアスファルトで肉球やヤケドしてしまうこともあります。
また、地面の近くはとても温度が高く、朝や夕方であっても油断できません

地域によっても気温差がありますが、アスファルトの道を歩かせる場合は、
朝5時までと夜10時以降が好ましいとされています。

管理人
朝早いのも夜遅くなるのも大変ですが、かわいい愛犬のためにもここはがんばりどころです!

犬の夏のエアコン設定温度・夏バテ対策まとめ

犬は例え暑くても何も言わず、じっと耐えています。

ですので、熱中症はもちろんのこと、できるだけ快適にストレスなく、身体に負担をかけずに過ごさせてあげたいですよね。

そのために、エアコンの設定温度・室温に注意して安全な環境をつくり、愛犬の様子をチェックして体調管理!
そして暑い夏もかわいい愛犬と楽しく&快適に過ごしましょう^^

また、暑い夏を乗り切るためにも、しっかりと栄養を与えてあげたいものです^^