愛犬がチョコレートを食べてしまった!-その対処法

犬に食べさせていけない食品としてよく知られているのがチョコレート。

テーブルに置いてあった食べかけのチョコがない…
そんな時は要注意!

私たち人間と犬とでは、『食』について大きな違いがあります。
必要な栄養素もそうですが、身体にとって毒となる成分にも違いがあります。

ですので、犬が食べてはいけない・食べさせてはいけない食材・食品は何なのかをしっかりと把握しておきたいものです。

なぜなら、私たちが考える以上に犬にとってキケンな食材・食品があるからです。

普段、私たちの食卓に並ぶ食材の中にも、犬が食べてはいけない・食べさせてはいけない食材・食品は意外と多く存在します。
中毒を起こしてさまざまな不調があらわれたり、時には命を落としてしまう危険性があったり。

例え意識的に食べさせなかったとしても、テーブルの上の食べ物を盗み食いするという可能性もありますので、毒になるような食べ物を愛犬が口にしないように注意しておきたいものです。

チョコレートもそのひとつ。

愛犬がチョコレートやココアを食べてしまった!

チョコレートやココアの原料であるカカオは犬にとってキケンな食べ物。カカオに含まれるテオブロミンという成分が犬にとって毒であるといわれています。

チョコレート中毒の症状

チョコレートの中毒症状になった場合、主に下記のような症状があらわれるとされています。

吐く
下痢する
熱が出る
興奮する
おもらしする
脱水症状が起こる
心拍数が低下する
てんかん発作が起こる
こん睡状態になる
急性膵炎を起こす

まず、犬がチョコレートを食べてしまった場合、食後6時間〜12時間ほど経った後に症状が現れることが多いといわれています。
チョコレート中毒の初期症状としては嘔吐や下痢が起こり、てんかん発作や脱水症状、発熱などを引き起こします

中でも最近人気のカカオの量が多いチョコレートは要注意!
クッキーやケーキなど、チョコレートが入った食べ物にも注意が必要です。

中毒症状があらわれる量の目安

犬がチョコレートを食べてしまった際に中毒症状を起こす可能性のある量の目安は下記になります。

体重5kg程度の場合

ミルクチョコ:40g程度
ビターチョコ:20g程度

板チョコは60〜65g程度のものが多いので、犬の体重が5kgの場合、ビターチョコならの1/3枚食べると中毒になってしまう可能性があります。

チョコレートを食べてしまった時の対処法

口の中から取り出す

チョコレートを口に入れた直後であれば、愛犬の口の中に手を入れてチョコレートを取り出します。チョコレートはすぐに溶けてしまいますので、急いで行いましょう。

吐かせる

もし、飲み込んでしまった場合は吐かせます。吐かせる方法として、海水と同様の濃度の塩水(100mlの水で塩3g)を愛犬の口を開けて喉の奥にスプーン1杯ほどの塩水を流し込みます
塩水を飲ませて約10分〜15分程度経っても吐かない場合は再度飲ませます
それでも吐かない場合は動物病院を受診しましょう。
犬が食べてしまったチョコレートのケースや包み紙が残っている場合は病院に持って行きましょう。
もし、下痢したり吐いたりした場合はウンチや嘔吐物も持って行きましょう。

*小型犬の場合は、万が一、食べてはいけないものを吐かせる際の塩水を飲ませるために、普段からスポイドを常備しておくと便利です。もし家族が居る場合は手伝ってもらえますが、ひとりの場合は口を開かせてスプーンで塩水を飲ませるのは難しい場合があります。スポイドがあれば飲ませやすいです。
また、大型犬の場合は、500mlmのペットボトルに塩水を入れて、喉に流し込むようにすると飲ませやすいです。

病院に行くかどうかの判断基準

チョコレートは犬にとっては猛毒。
元気にしているから大丈夫かな?と思っていてもすぐに症状があらわれない場合もあり、あとあと大変なことになる可能性もあります。ですので、食べたとわかってる場合は獣医さんに診ていただいておくと安心です。

愛犬がチョコレートやココアを食べてしまった!-まとめ

チョコレートは種類が豊富でカカオの量も商品によって異なりますので、中毒になるチョコレートの量はあくまでも目安です。

また、体質やその時の体調によっても違いが出てきますので、とにかく愛犬がチョコレートを食べてしまうというようなことが起きないよう、注意しておきたいものです。

特に、何でも口にしてしまうことが多い子犬は要注意。
身体も小さく未発達なので大変な事態になりかねません。

私たちが何気なく食べている食品でも、犬が食べてはいけないもの=毒物という認識が必要です。
そして万が一、食べてしまった時には口から取り出すか、吐かせるか、もしくは動物病院を受診しましょう。

併せて読みたい記事
要注意!犬に食べさせてはいけない・犬にとって危険な食べ物

参考文献:環境省 飼い主のためのペットフード ・ ガイドライン