愛犬のくしゃみは病気?-くしゃみをする原因と対処法

犬と暮らしていると「クシュン」と可愛い音を立ててくしゃみをする愛犬の姿を見かけたことがあるのではないでしょうか。

犬も私たち人間同様、くしゃみが出るのには原因があり、気にしなくても良いものなのか、あるいは気にしたほうが良いものなのかを見極める必要があります。

とても愛らしくお茶目なしぐさではありますが、病気の症状である可能性もありますので、くしゃみの原因や病気であった場合のその他の症状などを知っておきたいものです。


犬がくしゃみをする原因

犬はくしゃみをするメカニズムは私たち人間と同様で、鼻の粘膜が刺激されることによって起こります。
呼吸をする時に空気と一緒にホコリや花粉などの異物を吸い込んでしまった場合、それら異物を追い出そうとする身体の防御反応。
それがくしゃみが出る原因です。

強い香り

犬は鼻が敏感なため、タバコの煙やお香、香水など、強い香りでも鼻の粘膜が刺激を受けてしまいくしゃみが出ることがあります。

深刻な病気の症状ではないにしても、鼻がむずむずとするのは不快なものです。強い香りの出るものは、できるだけ犬の側に置かないようにしてあげたいものです。

ノミやハウスダスト

犬も人間同様、ノミやダニの死骸やハウスダストなどでアレルギーを起こす場合があります。犬は私たちよりも床に近い空気を吸い込んでいるので、アレルギーの原因となる物質も一緒に吸い込みやすいといえます。

くしゃみが続く場合は家の掃除をまめに行うなどの対策をしてあげたいものです。

食物アレルギー

食べ物が原因でアレルギー反応を起こし、くしゃみが出ているという場合もあります。アレルギーの場合は他にも身体をかゆがったり、抜け毛が多かったり、目の周りや耳の内側が赤くなったりします。
アレルギー症状を引き起こすことが多いといわれている食物は、牛肉や乳製品、小麦、仔羊肉、鶏肉、鶏卵、大豆、とうもろこし、その他添加物など。

愛犬にアレルギーらしき症状がみられる場合は、食事(フード・手作り)の内容を変えるなどして、様子をみてあげるなどの対策をしてあげたいものです。

ケンネルコフ

ケンネルコフは免疫力の弱い子犬によくみられる病気です。ケンネルコフはウイルスや細菌感染が原因で引き起こされるといわれており、くしゃみ以外にも、コホコホという乾いた咳や発熱、嘔吐などの症状がみられます。他の病気が併発することで命に関わる危険性もあります。

ケンネルコフを引き起こす犬ジステンバーやパラインフルエンザウイルスはワクチン接種で予防することができます。

フィラリア症

既に犬と暮らしている飼い主さんは毎年、春先にフィラリア検査とお薬をもらうために病院に行くというのが恒例になっているのではないかと思います。
フィラリア症は、フィラリアという寄生虫が心臓に寄生することで起こる病気。蚊が媒介となっているため、フィラリアに寄生された蚊に刺されることで起こります。くしゃみ以外にも咳が出たり、元気がなくなったりします。

フィラリア症は内服薬で予防することができます。

鼻炎・副鼻腔炎

鼻炎は犬の鼻腔がウイルスや細菌に感染したことで起こります。炎症が慢性化することで副鼻腔にも炎症を起こして副鼻腔炎に発展する可能性があります。
くしゃみ以外にも鼻水や目やにが出て、次第にドロっとした黄緑っぽい色の鼻水が出るようになります。

犬のくしゃみの解消法

まず、掃除をまめに行うことで、ノミやハウスダストが原因となっているくしゃみは予防することができます。

くしゃみが続いたり、咳や鼻水が出ている場合はケンネルコフやフィラリア症、鼻炎・副鼻腔炎など病気が原因となっている可能性がありますので、動物病院を受診しましょう。

犬がくしゃみをする-まとめ

犬がくしゃみをするというのは私たちと同様、日常的であると言えますが、病気が潜んでいる可能性もあります。

病気でくしゃみをしている場合は、くしゃみが続いたり、他の症状が見られたりする場合が多いので、病気を見逃さない・早期発見するためにも、何か他に異変がないか注意深く観察してあげたいものです。