トイプードルのサマーカット-正しいやり方やメリットとデメリットまとめ

モコモコの被毛に覆われているトイプードル。

そんな被毛がトイプードルの特徴であり、魅力でもあります。

とはいえ、気温や湿度が高くなる梅雨〜初夏の時期になると、「そろそろサマーカットかな?」と思われる飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。

ハァハァと荒い息をしている愛犬の様子を見て、暑さ対策してあげたいと思ったり、涼しく過ごさせてあげたいと思ったり。

ですが、サマーカットには要注意!

トイプードルだけではなく犬全般に言えることですが、サマーカットには、暑さ対策どころか逆に愛犬を苦しませてしまうという危険性が潜んでいたりするのです。

トイプードルのサマーカットはキケン!?

暑い夏に毛皮を着ているようなものだから、きっと暑いに違いないと考えるのは間違いではありません。

最高気温が20℃前後のフランス出身のトイプードルにとって、日本の夏の暑さはキビしいもの。エアコンの効いていない夏の室内・屋外では熱中症を起こしてしまう可能性もあります。

とはいえ、被毛を短くカットしてしまえば涼しいかといえば、そうではありません。

被毛は冬の寒さだけではなく夏の暑さからもトイプードルを守っている心強い存在。
断熱材の役割を果たしていて、寒さも暑も遮断するという機能を持っています。

ですので夏になったからといって、やみくもに短くサマーカットにしてしまうのはキケン!
暑さを軽減したり、夏バテや熱中症を防ぐどころか逆効果になってしまいます。

管理人も、サマーカットがかえって愛犬をキケンにさらしてしまうことを知らず、夏はボディを3mmにしてしまったことがあります。
日中、散歩に行くことはなかったものの、かわいそうなことをしてしまったと反省しています。。。

トイプードルのサマーカットのデリット

サマーカットにするデメリットはまだまだ他にもあります。

体を守っている被毛が短くなり、皮膚が傷つきやすくなる
虫に刺されやすくなる
紫外線が皮膚に当たりやすくなり日射病になるリスクが高まる
室内と屋外の気温差を感じやすいので体調を崩しやすくなる
毛質が変わってしまう

皮膚が見えるほどに短くバリカンで刈ってしまうことで、さまざまなトラブルを起こす可能性があります。

そもそも被毛は犬にとって皮膚や体を守るために必要な存在。
ですので、極端に短くサマーカットしてしまうのはリスキーです。

また、毛質が変わってしまうこともあるようです。

トイプードルのサマーカットのメリット

サマーカットはやはりデメリットが多く、メリットというと見た目の涼しさ、お手入れのしやすさぐらいのもの。

とはいえ、さまざまなカットスタイルを楽しめるというのはトイプードルの魅力のひとつでもあったりするのと、お手入れがラクになるというのは飼い主さんにとっては大きなメリット。

ですので、短くし過ぎないよう注意しつつ、サマーカットを楽しみましょう^^

被毛の質や多さ・毛ぶきによって個体差がありますが、知り合いのトリマーさん曰く、夏でもボディは5mm〜1cm程度は残してあげるのが良いそうです。

トイプードルのサマーカットまとめ

とにかく、夏=サマーカットをイメージしてしまいがちですが、トイプードルにとってサマーカットは
『必要のないもの』『かえって暑さをアップさせてしまうもの』
というのが結論です。

ただし、サマーカット以外の暑さ対策は必要です!

モコモコの被毛を持つトイプードルにとって、日本の夏の暑さ・湿度はとてもキビしく不快なもの。

犬が過ごしやすい温度とされている23度〜25度をキープするのは難しくても、できるだけ涼しく・過ごしやすい環境を作ってあげる必要があります。

夏の暑さ対策や夏バテ防止についてはこちら↓↓↓でご紹介していますので、
参考にしていただければ幸いです^^

犬に最適な夏のエアコンの温度と犬の熱中症や夏バテ対策まとめ