犬が吐く・嘔吐するのはなぜ?原因と対処法まとめ

ゲホゲホという音が聞こえて見に行ってみると愛犬が吐いていた、あるいは床に吐いたモノを見つけた。

ワンコが突然吐いたら
「どうしたんだろう?」
と飼い主さんは慌てたり、心配してしまいますよね。

そこで、犬が吐く・嘔吐する原因と対処法をご紹介します。


犬が吐く・嘔吐するのはなぜ?

犬が吐くというのはそれほど珍しい行動ではありません
犬はそもそも人と比べて吐きやすい・嘔吐しやすい身体の構造を持っていると言われています。

犬が吐く理由としては、お散歩中に植え込みの草を食べた後に吐くのは、毒素を身体の外に出すデトックス行動だったり、食べ慣れない味のものを食べて吐くのは生理現象だったりする場合などがあります。
早食いや食べ過ぎが原因で吐く場合もあります。

ですが、時に何らかの病気の症状である可能性もあるので注意が必要です。

パピーやシニアは吐きやすい

成長期の犬は身体にとってベストな食べ方のスピードや量がわかっていなかったり、消化力にもムラがあるため吐いてしまうことが多い傾向にあります。

また、シニアは人間と同様、加齢によって飲み込む力が低下したり、内蔵の衰えによって吐きやすい傾向にあります。

いずれにせよ、もし犬が吐いた場合は胃腸を休ませるためにも1食抜いて様子を見ましょう

「お腹が空いたよ〜」とキュンキュン可愛い声を出してアピールしてくる場合もありますが、時には心を鬼にすることも必要です!

消化されていない(未消化の)モノを吐く

食べたモノのかたちが残っているようなまだ充分に消化されていないモノ(未消化のモノ)を吐くというのは、『吐き出し』という行動で、食べ物が逆流していることが原因だと考えられる場合があります。

また、モノを飲み込むのが困難な『嚥下障害(えんげしょうがい)』と呼ばれる症状の可能性もあります。
『嚥下障害』は筋力が十分でないパピーや、筋力が衰えているシニアなどに起こりやすい症状。疾患の可能性もあります。

いずれにせよ、もし犬が吐いた場合は1食抜いて胃腸を休ませて様子を見ましょう

消化されたモノを吐く

食べたモノのかたちがわからない状態のモノを吐いた場合は『嘔吐』に分類されます。
この場合、胃や小腸など消化器系にトラブルが起こっている場合があります。

一度消化されたものを吐いてしまっているため、食べ物のかたちは残らずドロっとした形状になっています。

黄色っぽい液体を吐く

犬が白〜黄色っぽい液体を吐いた場合は胃酸過多によって起こっていることが考えられます。これはお腹がすき過ぎ、胃の中が空っぽになったことによって起こる症状です。

体重や体調に合わせた量を食べさせてあげている場合は、量を増やすのではなく2回を3回にするなど食事回数を増やしてあげましょう

ダイエット目的で食事量を減らしている場合は、単純に量が足りていない場合もあります。ダイエットさせたいのであれば、食事量を減らすのではなくカロリーを減らすなどの工夫をしてあげましょう。

嘔吐を繰り返し、元気がない

嘔吐を繰り返し、さらに次のような様子の場合は注意が必要です。

元気がなくぐったりとしている
何度も繰り返し吐く
お腹を触ると痛がる
歯茎が茶色になっている
下痢をしている
吐いたモノや便に血が混じっている
熱がある
よだれを垂れている
息が荒い

上記のような場合は、中毒を起こしている可能性やその他の病気が原因だと考えられます。

とにかく、上記の項目にひとつでも当てはまる場合は動物病院で診察してもらいましょう。

吐いたモノをとっておく

犬が吐くというのは、何でもない場合なら良いですが、病気の場合も考えられます。
いずれにしても吐いたものはラップやジップロックなどに入れてとっておき、病院に行くことになった場合に持参しましょう。
便にも異常があった場合は同様にラップやジップロックなどに入れてとっておき、病院に行くことになった場合に持参しましょう。

元気がある場合の対処法

愛犬が吐きはしたけど元気な場合は、しばらく犬の様子を注意深く見てあげましょう
もし、いつも通り元気な様子であれば、胃腸を休めるために半日ほど食事を抜いてみるのもひとつの方法です。

ただし、半日以上絶食しても繰り返し吐くようであれば、元気な様子であったとしても病院で診察してもらいましょう。

犬が吐く・嘔吐する まとめ

犬が吐くというのはそれほど珍しい行動ではないものの、病気の兆候である可能性もあります。
こっそりと吐いている場合も考えられますので、ケージをチェックしたり、犬の様子を観察するように心掛けたいものです。

普段の様子やテンションがわかっていれば、異常を起こした場合にもすぐ気付いてあげることができます。

また、パピーの場合は誤飲にも注意が必要です。何でも口に入れて飲み込んでしまう危険性があるので、犬の手や口が届くところには口に入るようなモノは置かないようにしましょう。

他にも綿の入ったおもちゃを壊すのが好きなコは、遊んでいるうちに綿を飲み込んでしまう可能性もあります。

危険を招かないために、普段から愛犬の様子を観察し、そのコの好みや性質を把握しておいてあげましょう。

とにかく、気になる場合、少しでも様子がおかしいと思ったら、迷わず動物病院で受診しましょう。